ものづくりへの想い

結ぶ よろこびを みなさまへ


伝統へのこだわり
 長い日本の歴史がはぐくんだ伝統は、四季を愛でる文化であり、儀礼を重んずる文化でもあります。その日本の美意識を継承し、人生の通過儀礼にふさわしい豪華絢爛な帯から、趣味性の高い感性豊かな帯まで、幅広いものづくりを心がけています。

素材へのこだわり
 最高のものづくりを求めて、生糸や金銀糸など最高品質の素材を吟味し使用しています。また、製織に至るまでの、素材を加工し、準備する工程である染色、整経、撚糸、糸繰り、綜絖など各工程の品質管理を徹底しています。準備工程で帯づくりの品質が決まります。

織へのこだわり
 最高のものづくりのため、西陣最大規模の自社工房を保有し、織の技術を追求し続けています。特に当社が独自開発した超細密の「紹巴綴織」をはじめ、唐織、丸帯、壁透綾、風通織など、当社独自のこだわりの織技術を駆使して製織しています。

人へのこだわり
 帯づくりには多くの職人が関わります。伝統工芸の世界において、最高のものづくりの根底にあるのは、ハイテク技術ではなく人の力です。最高のひとづくりの結果が最高のものづくりにつながると信じ、徹底した人材を行っています。